« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年4月

2008.04.22

パラノイドパーク

ガス・ヴァン・サントの新作です。撮影監督がクリストファー・ドイル。
「エレファント」を見ていないので断言できないけど、ガス・ヴァン・サントの映画で「面白い!最高!」と思った事がありません。なんか今ひとつ足りない印象があって。
この映画も悪くない、というか良いんだけど、また何か足りないと思いました。ガスの主人公の少年に対する思いみたいなものが、私にはちょっと遠く感じるというか。それは性別の差もあるかもしれないけど。
ガスはスタンダードサイズをよく使うけど、おそらく閉塞的な感情や、内なる感情を表すためなのかなと思います。ドイルのスタンダードは見た覚えがない気がする(忘れてるだけかも)んだけど、この映画も映像はものすごくキレイで、少年やパラノイドパークの撮り方がとても好きです。
撮影のせいもあると思うんだけど、とにかく主人公の少年がカワイイ・・・という言い方は適切ではないんだけど、触ると壊れそうな・・・というか、とにかく魅力的なのです。

| コメント (0)

クローバーフィールド

噂の「クローバーフィールド」です。
なんせ「ブレアウィッチ」や「ロゼッタ」で酔った私ですから、ちょっと警戒していたんですけど、座る位置を考えて見ましたので大丈夫でした。と思ったけど、その後一日中三半規管がおかしかったです。これから観る人は、気をつけて下さい。
で、内容ですが。素人が撮った映像という設定ですが、かなり凝りまくってまして、“あれ”の映し方がかなり絶妙でスバラシイのです。で、結局全貌がわからずに終了、となるのですが、俯瞰のカットがないだけでこんなに映画の印象って違うんだーと当たり前なんだけど改めて思うところがありました。
時々ちょっと演出じみた感じのするところがあったのが残念ですが、最後まで手法・演出ともに徹底しているところ、観客に単純なカタルシスを与えない作り方が非常によかったです。ラストにクレジットに流れる曲がわからず感動できなかったのが個人的には残念。

| コメント (0)

人のセックスを笑うな

見てからだいぶ日が経ってしまいましたが・・・
「犬猫」は未見なのですが、特に期待をしていたわけでもなかったので、ガッカリはしませんでしたが、特別好意的な印象は持ちませんでした。
役者の台本以外の演技を引き出す演出とそれをロングカットで撮るのは面白いと思う部分もありましたが、それにこだわりすぎていたような気がしました。ロングカットで興味を持続しつづけるには難しいシーンもあったし。カブや自転車で田舎道を走ったりするのを見るのは好きでした。
役者はみんな良かったと思うのですが、とにかく永作博美にずっと釘付けでした。あの可愛さはずるいよなー。松山ケンイチが好きになるのもわかります。あがた(猪熊)さんとの何気ないけど親密なシーンの永作もよかった。あとは忍成修吾の佇まいもいいなと思いました。
私の周囲では女の人=蒼井優の役がイヤ、男の人=蒼井優カワイイ、という意見をよく聞いていたのですが、見てその理由がわかった気がします。女子から見るとキャラクターとして不自然なんです。基本的には恋愛に対しては子供なのに、時折急にしたたかなので、本当は子供ぶってるだけじゃないの?とかなりイヤな女に見えるんです。と思いました。どうでしょう。

| コメント (0)

2008.04.05

病院坂の首縊りの家

市川崑監督の金田一シリーズです。主演は石坂浩二。若いけどあんまり今も変わってない石坂浩二。冒頭から横溝正史本人が小説家役で出て微妙な演技を披露してます。
正直言って話自体は面白いけども特に素晴らしいとかは思わなかったのですが、時折出てくる実験的なシーンや、もの凄く綺麗なカットなど瞠目するようなところがありました。

| コメント (0)

ダージリン急行

公式サイト

ウェス・アンダーソン監督の新作です。
インドを旅するボンクラだけど金持ちの3兄弟の映画です。本編の前に短編があって、それが映画の伏線になってるんだけど、最初は「なんなんだろうこれは?」と思いながらもなんとなく見てるのですが、ここでいい雰囲気だった3男の本編でのボンクラぶりとの対比がオモロいです。
長男は先日自殺未遂を起こして心配だったオーウェン・ウィルソンなのですが、次男のエイドリアン・ブロディより相当若く見えないか?と思ったんですが、(劇中で)包帯を取ったら結構老けたなあと思って、なんかちょっとしょっぱい気分になりました。
内容はある意味期待通りのウェス・アンダーソン的映画でした。個人的には前作「ライフ・アクアティック」の方が好きですが・・・。
私も数年ぶりに3姉妹で旅行したくなりました。
オープニングでダージリン急行に乗り込むシーンで、キンクスの「this time tomorrow」が流れるのですがこれがカッコイイです。劇中でも何曲か使われてて、映画観た後キンクスばっかり聴いてます。

| コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »