« ●REC | トップページ | イースタン・プロミス »

2008.08.19

純喫茶磯辺

公式サイト

最近は日本映画の景気が良いように言われているけど、個人的にはあんまりそう思っていません。主にシネコンでかかるような、人が死んだり病気にならないと話が進まない、誰が見ても理解出来るような映画と、主に単館系の映画館でかかるような、“何も起こらないけどなんか生きるっていいな”みたいな鬱陶しい主張だけあるのに実際は内容がない映画。
なので日本映画を観るのって、かなりハードル高いです。満足出来ることが滅多にないからです。
なので特に期待しないで見たのですが、良い意味で予想を裏切る佳作だと思いました。
主人公のオヤジ(雨上がり宮迫)は、いわゆる大人になりきれてない大人。高校生の娘(仲里依紗)はそんなダメな親をもっているからかしっかりしていて、苦労もしている。映画は高校生の娘の視点で描かれているのですが、彼女の年齢なりに一生懸命考えたり動いたりしているので、とても可愛いなあと思うのです。
宮迫の演技って、今までなんかイヤな感じだなあと思っていたんだけど、はじめていいなと思いました。はまり役だと思います。最初の工事現場のシーンは名シーン。笑った。麻生久美子のバカ女(こういう人を「天然」というのだと思う)もはまってたし。監督が「自分がイヤな女だと思う要素を全部入れたキャラクター」って言ってたのを何かで読んだけど、確かに友達になりたくない人だなあ。彼女を見て、ちょっと自分も気をつけなきゃと思うところもあったりして。
一応家族の映画にしては、家族の会話ややりとりがあんまり深くないんじゃないの?と思う人もいるかもしれないけど、実際の家族ってこんなもんだよなー、と感じました。


« ●REC | トップページ | イースタン・プロミス »

コメント

>“何も起こらないけどなんか生きるっていいな”みたいな鬱陶しい主張

に激しく共感して青筋立てて賛美している
若者層も多いですねー

この映画はウチの近くの西武柳沢付近で撮られたらしいので少しだけ興味あります。

投稿: 偏 | 2008.08.21 15:41

まー、たまにだったらそれもいいんですけどね。
それが多過ぎるので食傷気味です。
主張なんて主観なんで間違っててもいいと思うし、
むちゃくちゃでもパワーを持った映画が見たいのです。

この映画のロケ地の近くなんですか。
こういう雰囲気のところなら私のような田舎者も住めそうだな〜。

投稿: ガリゴ | 2008.08.21 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●REC | トップページ | イースタン・プロミス »