« イースタン・プロミス | トップページ | 崖の上のポニョ »

2008.09.03

テネイシャスD 運命のピックを探せ!

公式サイト

何ってまず、このキャラクター的にも体型的にも暑苦しいおっさん二人が実際にバンドをやっていること、しかもハードロック寄りのこれまた暑苦しいロックだということが、非常に暑苦しいのです。ああ暑苦しい、暑苦しくて最高だ。
内容は、書く程のものではないのですが、わかりやすい音楽ネタや、わかりやすい映画のパロディなんかがあって、これが非常にクダラナイ。でもこういう映画はいかにしょーもないかっていうのが肝なので、これでよいのです。
一番笑ったのは、最初にJB(ジャック・ブラックね念のため)とKG(カイル・ガス)が出会うシーンで、KGのギターに合わせてJBが即興で歌詞をつけて歌うシーンです。めちゃくちゃしょーもなくてオモロい。
正直多少ロックの基礎知識的なものがないと楽しめないかな?と思うネタもありましたが、暑苦しくて下品で最低かつ最高のおっさん二人を見れるだけでも充分です。
楽器屋の店長役とエグゼクティブ・プロデューサーを兼ねているベン・スティラー、本当に良い仕事するなあ。スタッフやキャストにベン・スティラーの名前があったらそれだけで期待するし、見たいもんなあ。


« イースタン・プロミス | トップページ | 崖の上のポニョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イースタン・プロミス | トップページ | 崖の上のポニョ »