« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

2008.11.24

接吻

公式サイト

“映画史上誰も見たことのない衝撃の結末”ってそんな煽りかたして大丈夫なの、って心配してました。結果、衝撃の結末ではあるけど、“映画史上・・・”っていうのは言い過ぎだと思いました。
この映画の見方はいろいろあると思うんだけど、内容のインパクトより、主人公の言う言葉や、主人公の置かれている立場や状況に、今までもしかしたら自分の周りにもこういう人がいて、気づかないうちに傷つけてきたんじゃないかしら・・・とそれが気になってしまいました。
小池栄子は、他の映画でちょい役で出てるのを見たことがあったけど、この映画での彼女はとてもいい役者だと思いました。器用ね!
トヨエツは、私の好きなトヨエツ(ヘタウマで変な役者)じゃなかったけど、あらこの人もしかしたら本当は上手なのかも・・・と思ったりしました。
で、ラストね!私はあの接吻の意味が今でもなんとも捉えがたく思っていて、それがこの映画の観賞後感をモヤモヤしたものにしているのです。

| コメント (1)

しとやかな獣

ずっと見てみたかったんだけどやっと見れました。よかったね自分。そして噂通りの傑作でございました。
殆どがマンションの一室なんだけど、やたら凝ったカメラワークとやたら凝った美術(大道具小道具)と、なんといっても素晴らしき脚本!!新藤兼人って天才だなあ(今更・・・)。そして監督の技量の凄さと、役者も文句ないんだけど、それ以上に、スタッフ全員の能力の高さを見せつけられた映画でした。
畳み込むような台詞のやりとりや、ありとあらゆる角度から撮るカメラの合間に、突然アップのカットが入ったりして気になりました。良い意味で。
群像劇の室内劇は最近の映画でもたびたび目にしてて、その度に“凝った脚本”に完全に依存して内容がない、人間が撮れてないと感じる映画が多くてウンザリしてたりしたけど、こういうお手本のような映画を見たら、自分は単にそういう映画がキライだったからウンザリしてたんじゃないのよ!!っていうことを再確認できました。
若尾アヤヤって、こんなビッチ役でも品性を保ってるなんてすごいわ〜。

| コメント (0)

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト

公式サイト

ストーンズの映像なんて珍しくもないし、しかも昔じゃなくて今のストーンズだしなぁ・・・とあまり期待してなかったのですが。
いやいや本当に申し訳ありません!!今のストーンズがこんなにカッコいいと思うとは思わなかったよ!スコセッシ先生さすがです!
一流のカメラマンって全然レベルが違うのね。私は撮る方は全然わかんないけど、撮り方によって画的な格好よさも迫力もこんなに凄いとは。
もちろん60代とは思えないストーンズのパフォーマンスがスゴい(特にミックはスタイルも超人的)んですが。昔からずっと第一線で現役でやっている、ということが、他の同世代のバンドとは違うんだなと感じさせます。ミックの体力は異常!キースカワイイ!チャーリー素敵(ポジション的に残念ながらあまり映ってないけど・・・)!ロン・ウッド、今まで自分的には「バーズ(BIRDS)のロン・ウッド」だっだけど、カッコよかった。
時折、過去のインタビュー映像が入るんだけど、それが“ストーンズの歴史”を紹介するのではなく、それによって「今のストーンズだって全然格好いいよな!」と思わされる編集の仕方で、この辺はもうスコセッシが素晴らしいとしか言いようがない。
「古い曲なんだ」と言って始まる"AS TEARS GO BY"が個人的には一番感動的。60代の"AS TEARS GO BY"だって素敵じゃないか!
ライブ会場へ足を運ぶのは「同じ空間を共有する」っていう重要なポイントもあるけど、最早ドームクラスでしか見れないストーンズだからこそ、些細な表情や一瞬見せる仕草などを見ることができるのがこの映画。最高でした。

| コメント (0)

赤い風船/白い馬

公式サイト

嗚呼「赤い風船」。
「白い馬」も良い映画だけど、「赤い風船」に完全にやられてしまった。おじさんがこんな映画を作れるなんて!!まったく驚きだわ。
今撮るなら、風船はブルーバックでCGなんでしょうけど、おそらくピアノ線のようなもので本当に不思議なくらいの動きをするので、あの少年があんな演技ができるわけで、本当に生きてるみたいだから、最後に割れた時にちょっと驚いた。
主人公の少年は監督の実の息子だそうで、若くして亡くなったお父さんが、自分を主演にこんな素敵な映画を撮ってくれていたなんて、そんな話も素敵じゃないか。

| コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »